とれニュース

2chまとめをおとどけ

未分類

【世相】“老人狩り”が頻発、若者は言い放つ「あとは死ぬだけという老人に金は必要ない。老人から金を取っても心が痛まない」

【世相】“老人狩り”が頻発、若者は言い放つ「あとは死ぬだけという老人に金は必要ない。老人から金を取っても心が痛まない」

20150428_1603248

[ 1 ]
◆「老人狩り」が頻発 若者たちは「心は痛まない」と言い放つ

1990年代に、少年が集団で中高年男性を襲撃し、金品を奪う犯罪「おやじ狩り」が注目を集めた。
近年は、若者が集団で老人から簒奪する「老人狩り」と言ってもよいような犯罪が頻発している。

彼らはなぜ、老人を狙うのか。
ライターの森鷹久氏が、老人をターゲットにする若者たちの本音に迫った。

 * * *

筆者が取材したことのある「リフォーム詐欺」を行っていた男性が、5年ほど前に言い放った言葉を思い出す。

「正直、老人から金を取っても心が痛まない。俺たちには未来がある。
日本の未来だって、若者にかかっている。老人は生きれば生きるほど金がかかる。
その金を払っているのは若者だ。あとは死ぬだけ、という老人たちに金は必要ない」

今年2月、千葉県茂原市で、資産家の80代女性が少年たちによって殺害された。
地元では「ヤンチャ」だと名を馳せていた彼らは、警察の取り調べに対し「金目的で高齢女性が住む家に盗みに入った」と供述しており、強盗殺人容疑で逮捕されたが、被害者女性と彼らに面識はなかった。

「少年らは資産家で一人暮らしの女性宅を狙っていたようですが、顔を見られたので女性を殺害したと話すなど、犯行はずさんで場当たり的。
事件後、仲間内で“なぜ殺したんだ”などと揉め事になったとも言われていて、弱い者を狙った安易で卑劣な動機が浮かび上がってきます」

こう話すのは大手紙の事件担当記者。
また、少年らを知る千葉県鴨川市在住の男性も、次のように証言する。

「改造バイクを乗り回すなどヤンチャな一面はあったが、人殺しをするほどの“悪党”ではなかった。
建設作業員などの仕事をしていたはずだが、金遣いが荒く、金銭的に逼迫していたとは聞いている。
そういう仲間が集まったことで気が大きくなり、後先考えず盗みに入ってしまったのではないか」

茂原の事件で逮捕された少年らも「年寄りからは金を取っても良い」「年寄りからは奪いやすい」と身勝手に考えたのだろうか。
万一、被害女性に顔を見られることなく、無事に金銭を強奪できていたとすれば、少年たちは次々に独居老人宅に狙いを定めて、第二、第三の犯行に手を染めたことも、容易に想像できる。

冒頭で紹介した「リフォーム詐欺」に関わっていた男性。
こちらも独居老人や身寄りの少ない高齢者宅を徹底的に調べ上げ、ピンポイントで訪問し、法外な価格で不必要な“床下換気扇”などの商品を売りつけていた。
近しい業者の摘発が相次いだことで廃業に追い込まれたわけだが、その後も「老人」をターゲットにした商売を続けた。

「老人に響くのは、ズバリ“余生をどう過ごすか”と問うこと。
老人ホームの優先入居を販売したり、葬式代を安く済ませるための共済への加入を進める、といった商売でかなり儲けた。
今は下(部下)に任せて、一線からは抜けましたが、若い奴らの中には、あまり“上手くない”連中もいて、色々とトラブルを起こしていると聞いている」

この“上手くない”という表現であるが、男性がスキームを作り、今では部下に任せている老人をターゲットにした商売が“詐欺まがい”であることに他ならない証左である。
事実、男性の部下たちは仕組みや支払額を詳しく説明せず、また説明したとしても非常に難解な仕組みを老人に“分かった気に”させることで、商品を売りつけている。
その結果、多くの金を支払った老人たちが実際には老人ホームに入居することができなかったり、できたとしても、遠く離れた北海道や九州の僻地にある老人ホームにしか入れない“入居権”を買わされる。

また、万が一のために積み立てた葬式用の共済も、いざ必要となった時には「数十万で式をあげられる」などといった従前の説明とは違い、総額で数百万円を請求される。
もちろん、その都度大小の係争案件にはなっているというが、司法や関係当局から「違法だ」として追求されることまでには発展しない。

寂しい独居老人を狙うのはそのためであり、被害者であるはずの独居老人をいかにして取り込むか、ここがキモだ。
誰も見向きもしない老人の相手をして、老人を味方につけさえすればよい。

NEWSポストセブン 2018.03.26 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20180326_661928.html
http://www.news-postseven.com/archives/20180326_661928.html?PAGE=2
http://www.news-postseven.com/archives/20180326_661928.html?PAGE=3

※続きです


続きを読む

-未分類

×